学齢障害児余暇支援事業
HOME>支援あれこれ>障がいのある方への支援>学齢障がい児余暇支援事業
学齢期の障がい児を対象に、学校や家族以外での活動の場として、またさまざまな人との出会いの場として、学齢障がい児余暇支援事業「つづき遊びば」を、養護学校や関係機関と共に実施しています。
「つづき遊びば」の内容
開催時期 夏・冬・春休み
参加対象者 小学3年生〜高校3年生
(都筑・港北・緑・青葉区在住)
ボランティア 高校生以上であれば、どなたでも参加できます。
 ※初めての方でも大丈夫です。研修会があります。
活動内容 【ボランティア研修会】
ボランティア活動や障がいについて学ぶ研修会です。
【顔合わせ会】
参加対象者とボランティアが初めて顔合わせをします。みんなで楽しく遊びましょう!
【活動日(※これまでの活動)】
参加対象者とボランティアがペアリングになり、活動します。 
         
夏の遊びば 冬の遊びば 春の遊びば
【小学生】
・水族館へバスハイク
・プール活動
【中高生】
・個人プログラム
・もちつき
・お正月あそび
(凧づくり、凧揚げ、)
・太鼓など
・ウォークラリー
・調理活動
・木工など

●つづき夏のあそびば2009のご案内と申込書。
..... [(募集案内書)]
..... [(夏の申込書)]