離職者支援資金貸付
HOME>区社協サービス内容>各種貸付制度>長期生活支援資金貸付
長期生活支援資金制度は、現在居住しており、また将来にわたって住み続けようとしている土地・建物を所有している高齢者世帯及び生活保護を受給している高齢者世帯に、土地・建物を担保として生活資金を貸し付け、その世帯の自立を支援する制度です。
貸付条件
*500万円以上の資産価値の居住用不動産を所有していること
*借入者及び配偶者が65歳以上であること
*借入申込者単独所有の土地・建物であること
*同居の配偶者と共有である場合は配偶者が連帯借受人となること
*借入申込の世帯が市町村民税非課税程度の低所得者世帯
*本制度を利用しなければ、生活保護を受給することとなる要保護世帯と認められた世帯
※推定相続人の中から1名の連帯保証人が必要になる場合がございます。
以下のような場合は借入できません。
*土地・建物に貸借権等の利用権や抵当権等の担保権が設定されている場合
*子どもが同居している場合

貸付内容など詳細は、区社会福祉協議会までお問い合わせください。