離職者支援資金貸付
離職者支援資金貸付制度は、雇用保険制度の対象外である自営廃業者および、雇用保険の求職者給付期間が切れたことにより生計の維持が困難となった失業者の世帯に対して、再就職までの間の生活資金を貸し付けることにより、失業者の世帯の自立、生活の安定を図ることを目的とした制度です。
貸付対象の条件
生計中心者の失業により、生計の維持が困難となった世帯であること
※失業前に生計中心者が家計を支えていた実績が必要です。
生計中心者が就労可能な状態であり、求職活動等を行っていること
生計中心者が就労することにより、世帯の自立が見込めること
生計中心者が離職の日から2年(特例の場合は3年)を超えていないこと
生計中心者が雇用保険の一般求職者給付を受給していないこと

※なお、連帯保証人を原則1名必要となります。
※他の制度(生活保護や生活福祉資金)などとの同時申請はできません。
貸付内容
【貸付限度額】 月額20万円以内(単身者は10万円以内)
【貸付機関】 最長12ヶ月
【措置期間】 貸付期間終了後、6ヶ月以内
【償還期限】  7年以内 
【貸付利率】 年3% 
【連帯保証人】 原則として1名必要です。